--/--/--(--)   スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | edit
2011/10/27(Thu)   
探偵部の舞台脚本は個人的に好きだったので
ま゜組の探偵部の方でもあまり設定が変わってません。
ちなみに、脚本の方ではお茶目な顧問の先生がいます。


咲郎「ではその2人が来るまでヒマなので『しりとり』でもしておこうか」

智 「え?!やだよ。ガキじゃあるまいし」

全員「しよ~う♪」

智 「するんかい?!」

西田「じゃあ最初は言い出しっぺの部長からやで」

咲郎「そうだね~。じゃあハイブリッドティローズ」

智 「はあ?」

新川「早速出たわ。部長お得意のバラの種類攻撃」

智 「ば…バラ…」

咲郎「順番は時計回りと言うわけで次は…新川」

新川「そうね~。ず…ず…図太い猿」

全員「……」

新川「はい。次は西田よ」

西田「ほ~い。えっと…図太い猿だから次は…ルかぁ、ル…ル」

智 「ルはさすがに難しいよなぁ」

西田「ル・ポワン・ダンテロガスィオン」

全員「はあ?」

夕紀「何って言ったの?!」

西田「日本語でクエスチョンマークの意味や。まぁこれフランス語やけどな」

智 「へえ…すげえなぁ」

尾田「西田はああ見えても実は頭いいんだよ」

智 「へえ。見た目によらずってことか…」

西田「じゃあ次はル・ポワン・ダンテロガスィオンのンやで!よろしく!リーちゃん先生」

新川「ンじゃ終わりでしょ?西田…」

先生「ん~どうかい!!(運動会)」

全員「なに~!?」

尾田「ムリヤリだ~?!」

夕紀「い…犬」

全員「続けるのかよ?!」

智 「しかも普通だし…」


(恩登場)


恩 「こんにちは…」


(恩、皆の前を横切り、舞台に置いてあるロッカーのところに荷物を置く)
(そして咲郎の隣(ちょうど席が空いている)に座る。)


夕紀「はい。次はあんたよ。犬のヌからよ」

智 「俺かぁ。…ヌ…ヌ…」

恩 「ぬかみそ…」

全員「うわっ!!」

新川「あんたいたの?!」

恩 「え?さっき僕あいさつして入ってきたよ~」

先生「あら。やっだ~。全く気づかなかったわ」

咲郎「キミは存在感が薄いからね~」

全員「HAHAHAHAHA」

恩 「うぅ…(泣)」

智 「せんせ~い。ないてま~っす」

先生「いいのよ。いつも恩くんはこうやって皆にからかわれて遊ばれているから」

智 「…いいんだ…(汗)」

咲郎「では、続きしようかぁ」

夕紀「そうね。えっと~どこからだっけ??」

智 「俺のところからだったけど…」


(咲郎、何かに気づき立ち上がる)
(皆驚く)

尾田「どうした?部長??」

咲郎「バケモノが…来るっ!!」

智 「バケモノ??」

西田「じゃあちょっと非難せえへんといかんなぁ」

新川「そうね。隠れましょう」

先生「山田くんはここにいるのよ」

咲郎「待って。僕を助けてください」

先生「第一あんたがあの子に好かれたおかげでこうなっちゃったのよっ!責任とりなさい、じゃ!!」


(皆あちこちに隠れる)
(智は先生に引っ張られて隠れる)
(咲郎、周りを見渡す)
(すると突然大きな破壊音が響く)
(皆、更に隠れる)
(徐々に破壊音が近くなっていく)
(そして、破壊音とともに原口登場)


原口「ダ~~りン☆逢いたかったワ~」


(原口、咲郎に抱きつく)


咲郎「ウグエっ!!」

原口「んも~。私を置いて部活に行っちゃうなんて…」

咲郎「ごめんよ。原口。ついつい忘れてて…」

原口「忘れて…??(低いトーン)」

咲郎「はうっ!!」

原口「ダーリン!!私のこと忘れて部活に行ったの?そうなの?そうなのね!
   そうだったの?!えっ?…最低~(めちゃ低いトーン)」



当時の智はツッコミキャラでした。
つぶやき | | | edit
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。